栗の選定

栗の選定

 午前中は、姉の家で、ホームページ用の写真撮影。

IMG_2330 IMG_2333 IMG_2335 IMG_2354

 

昼から、2ほんの木 http://www.2honnoki.com 岡田さんのところに、前々から頼まれてた、栗の剪定に。

貴重な銘木多数!

左が黒柿。これだけで、数十万。 続いて、タモの、ケヤキの杢。右がトチ、その他いろいろ。

IMG_2362 IMG_2363 IMG_2364 IMG_2366  

岡田さんの椅子。美しい。 

IMG_2367 IMG_2368  

栗の剪定。元庭師、お安い御用。2ほんの木 の屋号はここから来ているそうです。

ビフォア よく枝が混んでます。

 IMG_2370 IMG_2371 IMG_2372 

 

アフター 

剪定の基本は、ひこばえ(根元に生えてる枝)徒長枝(上向きにいきよいよく生えてる枝)を抜いて、絡んでる枝、幹の方に反り返って向かってる枝、を抜いて行きます。3つ又に枝は真ん中を剪定。通風、日照を確保してやります。落葉樹は落葉後のこの時期が最適。大きく切ったところは、トップジンなど保護剤塗ってやると、害虫、腐敗防止になります。ないので木工用ボンドで代用。太い枝を切る場合は必ず下を先に3割ほど切り込んで、その後やや上側は上にずらしてのこぎりで切ります。そうすることで、重みで折れた時に幹を傷つけないで済みます。最後にずれた切り後を綺麗にカット。

我ながらめっちゃうまい。

 

IMG_2386 IMG_2382IMG_2375 IMG_2376  IMG_2378  

枝は先を切るんじゃなしに、できるだけ、根元から剪定し、古い枝と、新しい枝を入れ替えていくのが良い。そうすることで自然な樹形、勢いのある形が維持できます。先を止めると、その横や上から芽がでるので、いびつな形になります。 

IMG_2379 IMG_2381  IMG_2377 

 

岡田さんのところの盆栽。梅と、ゴヨウマツ。梅はもう咲いてます。ドーナツご馳走になりました。お土産までいただいて感謝!

 

IMG_2384  IMG_2387 IMG_2391  

オイルも乾いて、最後はミツロウ仕上げ。蜜蝋はこのドイツのラナパーか、大好きな宮崎椅子も使ってる末晒し蜜蝋ワックスhttp://www.mitsurouwax.com/cont03/ がオススメです。

IMG_2393 IMG_2394 IMG_2395 IMG_2396

No Comments

Post a Comment